「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

Tech-レストラン

低価格・高機能な製品が続々登場 スタッフ教育などへ、利用目的が広がる

ネットワークカメラ

2011年1月6日

店の様子を遠隔監視するビデオカメラは、パソコンで映像を見たり、記録したりできる「ネットワークカメラ」が主流になっている。かつては1台10万円ほどしたが、今年に入って5万円を切る製品が多数登場。小規模店でも導入しやすくなった。

防犯や店の繁閑などを知る用途ばかりでなく、接客している様子を撮影し、スタッフ教育に活用するなど使い方が広がっている。価格が安くなり店内に複数のカメラを設置できるようになったこと、さらに動画品質が向上していることが大きい。

ネットワークカメラはインターネットを通じて遠隔操作できるので、本部など離れた場所から複数店を一括管理できる。最近は「スマートフォン」からも、同等の操作が可能だ。

パナソニック システムネットワークスが11月に発売する「アイプロスマートHDシリーズDG-SP102」は、独自の画像処理技術で得られる滑らかな動画が特徴で、人物の動作が把握しやい。明暗の差がある被写体の暗い部分が見えにくくなる「黒つぶれ」を補正する機能も持つ。

アクシスコミュニケーションズが6月に投入したAXIS M11シリーズの「M1103」も高感度でスムーズな動画を映し出す。 

この2製品はLANケーブルから電力を供給する仕組み(Power overEthernet / PoE)を持ち、電源の配線工事が不要。工事が必要だった以前のカメラに比べ、初期費用を抑えられる。

一方、プラネックスコミュニケーションズが10月に発売した「CSW05NM」は、130万画素CMOSセンサを搭載する高精細カメラでありながら、2万円台という価格が魅力だ。有線・無線LANの両方に対応しており、設置場所によって接続法を選べる。

最新ネットワークカメラの概要

DG-SP102
パナソニック システムネットワークス

有効画素数約32万画素。最大解像度640×480pixel。サイズ:W55×H55×D122。コンパクトな円筒形デザインで威圧感の軽減を狙っている。4万4100円(税込)
問い合わせ先:パナソニック システムお客様ご相談センター
TEL:0120-878-410

CS-W05NM
プラネックスコミュニケーションズ

有効画素数130万画素。最大解像度1280×1024pixel。デジタルズームは400%まで拡大可能。サイズ:W113×H80×D43。2万4800円(税込)
問い合わせ先:プラネックスコミュニケーションズ

AXIS M1103
アクシスコミュニケーションズ

最大解像度800×600pixel。サイズ:W61×H43×D94。1ルクスの照度でも映像が得られる。5万1450円(税込)
問い合わせ先:アクシスコミュニケーションズ(メールで問い合わせ)
sales-jp@axis.com
TEL:0120-878-410

文=齋藤 訓之