「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

TOPICS

大人にアピール? マクドナルドの新コーヒー販売好調

「プレミアムローストコーヒー」、1カ月半で3000万杯

2008年4月7日

日本マクドナルドが2月15日から全国でキャンペーンを開始した新しいレギュラー コーヒー「プレミアムローストコーヒー」(Sサイズ100円)の販売が好調だ。

2月15日のプロモーション開始から1カ月半の3月27日までに3000万杯を販売。 これは、昨年度発売杯数である約1億2000万杯の4分の1にあたる。

売り上げが多かった店舗(2月15~29日の2週間)は、1位「新梅田店」(大阪市北 区)、2位「池袋西口店」(東京都豊島区)、3位「新橋日比谷口店」(東京都港区)、4位「新宿スバルビル店」(東京都新宿区)、5位「JR名古屋駅店」(名古屋市中村区)など、いずれもオフィス街近隣の駅前店という立地。通勤途中のサラリーマンやOLなど、いわば“大人”に評価されたと言えそうだ。なかでも1位だった新梅田店は、昨年度の1店舗1日 あたりのコーヒー販売数(全国平均)の18倍近い売り上げを達成した。

「プレミアムローストコーヒー」を導入した2月度の月次セールスでは、全店売上高 が対前年比+6.0%、既存店売上対前年比プラス5.2%となった。既存店客数対前年比でも+10.0%と2桁の伸びを示し、日本マクドナルドでは「プレミアムローストコーヒー」の投入が寄与したと分析している。

(稲田 由美子)