「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

TOPICS

独自指数で考える、飲食店の北京オリンピック対策(前編)

2008年7月29日

もうすぐ北京オリンピック。こうしたイベントの時期は、消費者は自宅でテレビに釘付けで、売り上げ減は必至だ。今からできる“オリンピック対策”を、成長支援コンサルティングのコンサルタント、白岩大樹さんは次のようにアドバイスする。

 

まず白岩さんは、8月6日~24日の各日に行われる競技スケジュール、競技の人気度、日本選手が活躍する可能性から、独自に考案した「観戦指数」を算出(人気の種目で日本選手が活躍しそうなものを、その度合いに応じて1~3点の3段階でポイント化。競技数に応じて、日ごとに合計した)。10ポイントを超える日は、飲食店の集客に悪い影響が出ると予想している。

「こういう時期は『店の中にお客が来なければ、外で売る』と発想を変える必要があります」と白岩さん。

具体的な対策は(後編)に続く