「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

TOPICS

WDI、一人でも気軽に利用できる新業態店オープン

JR田端駅ビルに「PASTA CAFE(パスタ カフェ)カプリチョーザ」

2008年8月5日

大皿料理の取り分けが人気のカジュアルイタリア料理店「カプリチョーザ」を展開するWDIは、7月30日、JR田端駅にオープンする複合商業ビル「アトレヴィ田端」に、新業態「パスタ カフェ カプリチョーザ」をオープンした。

新店舗は、20~30代の女性がメインターゲット。一人でも気軽に食べられる小ポーションでの提供を行い、「ヘルシー」「ライト」を求める女性客のニーズに応える。ドリンクでは本格エスプレッソからワイン、日本酒まで60品以上のアイテムを用意し、小瓶での提供にも力を入れ、ランチタイムはもちろん、ティータイムやディナータイムでも“おひとりさま”が気楽に楽しめる店作りを行う。

席数は50席。客単価はランチ1050円、ディナー1300円で、従来の「カプリチョーザ」と同様の想定。店舗面積は従来が40坪以上であったのに対し、新店舗は32.23坪と小型化した。1号店の検証をふまえ、今後、多店舗化を目指すとしている。

WDIは、直営、FCをあわせて国内124店舗、海外10店舗を展開する主要業態「カプリチョーザ」を始め、「トニーローマ」「ハードロックカフェ」「グランド・セントラル・オイスター・バー&レストラン」など国内162店舗、海外30店舗、計192店舗を展開している(6月30日現在)。

一方、「パスタ カフェ カプリチョーザ」が入居する「アトレヴィ田端」(東京都北区)は、JR東日本グループで、駅ビル「アトレ」を展開する東京圏駅ビル開発(東京都渋谷区)が手がける地上3階建ての小型の駅ビル。「アトレヴィ」としては秋葉原、信濃町、五反田に次ぐ4店舗目となる。

物販8店舗、飲食4店舗、サービス1店舗の計13店舗が入居し、カプリチョーザ以外の飲食店は、スンドゥブと呼ばれる韓国の辛い豆腐鍋専門店「東京純豆腐(すんどぅぶ)」(プラスアンドカンパニー、35席)、和食や酒肴の「あぶりゃんせ百干(ひゃっかん)」(ニュートーキヨー、54席)、「スターバックスコーヒー」(スターバックスコーヒージャパン、36席)、無添加、食べるスープにこだわった「スープストックトーキョー」(スマイルズ、14席)という顔ぶれだ。

2階には、パブリックスペース「ガーデンデラス」(ライブラリーラウンジ)を設け、隣接するスターバックスコーヒーなどからドリンクやスィーツ、デリを持ち込み、同じフロアにある書店の購入前の本や雑誌を読むこともできる。

(稲田 由美子)