「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

TOPICS

ラーメンの「博多一風堂」に“パン”メニュー新登場

「博多バンズ」(250円)、全国34店舗で販売開始

2008年8月26日

力の源カンパニー(福岡市)が全国に展開するラーメン店「博多一風堂」は、8月4日から新商品として「博多バンズ」の販売を開始した。

「博多バンズ」は、オリーブオイルを練りこんだフォカッチャ(パンの一種)にチャーシューとレタス、キュウリをはさんだもの。味付けはテリヤキ、明太マヨネーズ、スパイシー辛味噌の3種類があり、価格はいずれも250円。横浜ポルタ店を除く全国の34店舗で販売中だ。

今年3月、米国・ニューヨークに「IPPUDO NY」(ニューヨーク店)をオープン。そこで提供している中華まんタイプの「チャーシューまん」が好評なのを受けて、日本に逆輸入する形で、日本向けにアレンジした。

同社は福岡市内でパン店「ダム・ド・フランス」2店舗を運営しており、「博多バンズ」は同店との初のコラボレーションでもある。「ダム・ド・フランス」で作ったバンズを冷凍で全国の店舗へ配送し、各店でチャーシューを挟むなどの調理を行う。

「博多一風堂」はこれまで、主力商品であるラーメンとそのトッピング類以外では、「明太子ごはん」「博多ひとくち餃子」「チャーシューまぶしごはん」「おいしいごはん」の4種類をサイドディッシュとして提供してきた。今回の「博多バンズ」は、「ラーメンにパン」という異色の組み合わせの提案となる。すでに女性客や子ども客に好評で、ラーメンを食べたあとのスープに浸けて食べるなどの楽しみ方をするお客もいるという。

力の源カンパニーは「博多一風堂」35店舗、それ以外の業態を合わせると国内43店舗、海外1店舗の計44店舗を展開している(8月18日現在)。

(稲田 由美子)