「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

TOPICS

リンガーハット、埼玉・越谷に新業態店オープン

しっぽく料理の「和華蘭」(わからん)

2008年10月9日

リンガーハットは10月2日(木)、埼玉県越谷市に誕生する国内最大級のショッピングセンター「イオンレイクタウン」に、新業態となる「和華蘭(わからん) イオンレイクタウン店」をオープンした。

店名の「和華蘭」は、鎖国時代、日本で唯一の貿易港として栄えた長崎で形成された日本文化、中国、オランダ・ポルトガル文化が融合した「和華蘭文化」にちなんだもの。料理においても、長崎は和・洋・中一体となった卓袱(しっぽく)料理に代表される独自の料理の伝統を持つ。新業態は、リンガーハット発祥の地でもあるこの長崎の食文化を提供する。

店舗面積は約55坪。席数は56。内装は異国情緒あふれる長崎を満喫できる作りを施した。

メニューは、和風を基本に、唐風、南蛮風を盛り込んだセットが中心。刺し身や豚の角煮、長崎天ぷらなどが組み込まれた「ぶらぶら卓袱」(3675円)、「玉手箱」(2100円)、「彩り膳」(2940円)など。

想定客単価は2500円。目標月商は1800万円。

(稲田 由美子)