「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

TOPICS

夏恒例、軽井沢のフードフェスティバル、山中湖と奈良でも開催

4年目を迎えた美食のフードツーリズム「Cu-Cal(クーカル)」

2009年6月20日

2006年から毎夏、軽井沢で開催されてきたフードフェスティバル「Cu-Cal(クーカル)」が、今年は軽井沢に加え、山中湖、奈良でも開催される。

「Cu-Cal(クーカル)」は、建築家の西森陸雄氏を代表に、食を愛するクリエイターたちが企画し、全国の有名シェフの協力のもと、食を通じて地方活性化を目指すプロジェクト。過去3回は軽井沢で開催し、長野の食の魅力を発信してきており、昨年は45日間の会期中、約1万人の来場者を集めた。

昨年の軽井沢の会場

この好評を受け、4年目となる今年は「ニッポンを食で元気に」をスローガンに、7~11月に軽井沢、山中湖、奈良の3カ所で開催する。

具体的なイベントメニューは、シェフがその土地ならではの食材を使った特別料理を来場者の目の前で提供する「シェフズテーブル」や、パスタ、サンドイッチといった軽食やスイーツでシェフの料理を気軽に楽しむカフェ、生産者と会話しながら野菜や果物を購入できる「マルシェ」など。その土地ならではの料理や雰囲気を楽しむ企画が並ぶ。

参加予定シェフ(軽井沢、山中湖)は、フランス料理では「ル・マンジュ・トゥー」(東京・市ヶ谷)・谷昇氏、「オトワ・レストラン」(宇都宮)・音羽和紀氏、「エルミタージュ・ド・タムラ」(軽井沢)・田村良雄氏、「イレール」(東京・恵比寿)・島田哲也氏など。イタリア料理では「アクア・パッツァ」(東京・広尾)・日高良実氏、「リストランテ・ヒロ」(東京・銀座)・ヒロ山田氏、「イル・ギオットーネ」(京都)・笹島保弘氏など。そのほか日本料理の「祇園ささ木」(京都)・佐々木浩氏、寿司では「青空」(東京・銀座)・高橋青空氏、焼き鳥の「酉玉」(東京・白金)・伊澤史郎氏、中国料理「天悠」(東京・学芸大学)・嶋典雄氏など。趣旨に賛同する30人前後のシェフが集まる。

軽井沢会場では7月25日(土)~9月22日(火・祝)、「ひと夏限りの夢のレストラン」をテーマに実施。これに先立ち7月18~20日にはプレイベントを開催する。会場は国道18号線沿いのコレクションアクチュエル跡地(長野県北佐久郡軽井沢町)を予定している。

山中湖会場はイタリア料理に特化し、イタリアンのシェフ10人が集まり、腕をふるう。「ひと夏限りの食の遊園地」をテーマとし、7月11日(土)~8月30日(日)にPICA山中湖ヴィレッジ(山梨県南都留郡山中湖村平野)で開催。2万人の来場を見込んでいる。

奈良県が主導する「フードフェスティバルなら2009(仮称)」の一環として開催する奈良会場では、「日本のもてなし」をテーマに11月3日(火・祝)~23日(月・祝)、奈良公園内春日野園地(奈良市雑司町)を中心に開催する。

詳細は公式WEBサイト / 

(稲田 由美子)