「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

TOPICS

メニューグランプリ決勝出場10人の素顔(1)

3月24日の最終審査で、この中からグランプリが選ばれる!

2010年2月19日

日経レストランが主催するプロのための料理コンテスト「第16回 日経レストラン メニューグランプリ」。2009年9月末の応募締め切り以降、第1次審査、第2次審査を勝ち抜いてきた10作品の応募者が、3月24日、東京・中野の織田調理師専門学校で行われる決勝に臨みます。栄えある第16回グランプリに輝くのは誰か? まずは10人の猛者たちの料理やメニューグランプリに懸ける思いを、これから毎週金曜日、3回に分けて紹介します。

大友和幸さんホテルメトロポリタン秋田(秋田市)

大友和幸さん

メニューグランプリ応募歴:2回目
料理人としての経歴:和食の調理人になって今年で6年目

出品作「鰤大根の揚げ出しポン酢あんかけ」

Q:今回本選に残った感想は?

本選に残ったと聞いたときはとても驚きました。とても嬉しいです

Q:料理人になったきっかけは?

以前から料理を作るのが好きでした。24歳の時、前に勤めていた会社を辞めて、料理人になろうと思ったのがきっかけでした

Q:これまで料理人として仕事をしてきた中で一番嬉しかったことは

日経レストランメニューグランプリで決勝進出できたこと

Q:決勝への意気込み、グランプリ賞金100万円の使い道は?

応援してくれているみんなのためにも決勝で応募した料理をしっかり作り、良い結果を残せたらいいと思います。賞金100万円は日頃お世話になっている会社の同僚、家族、友達のために使いたいと思います。

小澤善文さんWakiya一笑美茶樓(東京都港区)

小澤善文さん

メニューグランプリ応募歴:初めて
料理人としての経歴:1995年、東京・立川のリーセントパークホテルに入社。97年、トゥーランドット入社、2001年よりWakiya一笑美茶樓料理長

出品作「パリッとふっくらうなぎの山椒風味ごはん“中国伝統の技法”」

Q:今回本選に残った感想は?

とてもうれしく光栄です。楽しんで本選で調理したいです

Q:料理人になったきっかけは?

自分で料理を作ることと食べることが好きなので、料理の世界に入りました

Q:これまで料理人として仕事をしてきた中で一番嬉しかったこと

お客様からおいしかったと声をかけていただけたこと

Q:決勝への意気込み、グランプリ賞金100万円の使い道は?

自分が作った料理をおいしいと皆様に言ってもらえるように楽しんで作りたいです。スタッフみんなで食事に行きたい。

工藤博志さんオイスターバーMAIMON(東京都港区)

工藤博志さん

メニューグランプリ応募歴:初めて
料理人としての経歴:「ラ・プロムナード」「ラ・マージュ」「キハチ銀座店」「MAIMON銀座店」にて勤務

出品作「ノルウェーサーモンの“瞬間”スモークサラダ」

Q:今回本選に残った感想は?

大変光栄に思います

Q:料理人になったきっかけは?

料理好きな母親の影響で子供の頃から料理に興味を持ち、料理人になることを将来の夢としていました

Q:これまで料理人として仕事をしてきた中で一番嬉しかったこと

自分の料理をお客様に提供し、お客様に感動し喜んでいただいたこと

Q:決勝への意気込み、グランプリ賞金100万円の使い道は?

普段の力を発揮できるよう、落ち着いて完成度の高い料理を提供したいと思います。賞金はスタッフを連れ、他のレストランに料理の勉強をしに行きたいです

第16回メニューグランプリ協賛企業一覧
アサヒビール株式会社 エバラ食品工業株式会社 グルメキャリー
株式会社サニクリーン 株式会社寺岡精工 東京ガス株式会社
東芝テック株式会社 株式会社西原商会 株式会社フジマック
株式会社ミツカン    
アサヒビール株式会社 エバラ食品工業株式会社 クラレクラフレックス株式会社
グルメキャリー 株式会社サニクリーン 象印マホービン株式会社
タニコー株式会社 株式会社寺岡精工 東京ガス株式会社
東芝テック株式会社 株式会社西原商会 日本洗浄機株式会社
株式会社林原/林原商事 ヒューマンアラウンド株式会社 株式会社フジマック
株式会社ミツカン    

後  援
農林水産省、米国大使館アメリカ農産物貿易事務所(ATO)、オーストラリア大使館、
タイ国政府貿易センター大阪、フィリピン大使館商務部、フランス食品振興会(SOPEXA)、
スペイン大使館、社団法人日本料理研究会

協  力
辻調グループ校、織田調理師専門学校、テーブルアート