「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

TOPICS

和食を世界に広める一大イベント「和食道」を農林水産省が開催

2015年1月30日から京都で和食の祭典

2014年12月5日

農林水産省は12月4日、和食を世界に広めるためのイベント「和食道(WASHOKU-DŌ) The World Japanese Cuisine Show」を2015年1月30日から京都市で初めて開催すると発表した。

和食を世界に広める一大イベント「和食道」を農林水産省が開催

「和食道」のアンバサダーを務める著名フランス料理シェフのアラン・デュカス氏(左)。同イベントの総合プロデューサーを務める老舗料亭「菊乃井」主人の村田吉弘氏。村田氏には飲食店経営者の心得を語った近著「儲かる料理経営学」(日経BP社)がある

会見の席で、農林水産省食料産業局の大坪正人・食品小売サービス課長は「昨年12月4日に和食が、UNESCO(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録されてから1年がたち、国内外で和食や日本の食文化への関心が非常に高まっている。世界中に和食が広がっている今こそ、和食とは何かを知り、学び、その理解を深める場が必要」と開催の意義を説明した。

なお、イベントの名称にある「和食道」とは、「武道」や「華道」などのように、日本ではある事項を極限まで追求することを通じて技能や精神を鍛錬することを「道」と呼んでいることに倣ったものという。

「和食道」の主な催しとしては次のようなものが予定される。

まず、1月30日には世界各国・地域で日本料理に取り組む外国人料理人がその技術を競う日本料理のコンペティション「和食ワールドチャレンジ2015」の決勝審査がある。

和食ワールドチャレンジは13年12月に続く2回目の開催で、27の国・地域から110件の応募があった。今後、書類審査を通過した20作品の試食審査を行って12月18日に決勝進出者を決定。決勝審査の結果を受けて、表彰式が31日に行われる予定だ。

1月31日は「和食シンポジウム」を開催。「アラン・デュカス×村田吉弘 和食・日本食材の伝統と革新」と題し、老舗料亭「菊乃井」主人の村田吉弘氏と著名なフランス料理シェフであるアラン・デュカス氏が基調講演として対談するのを始め、和食に関する様々な「シンポジウム」「分科会プログラム」「ワークショップ」を開く。

菊乃井の村田氏は「和食道」の総合プロデューサー、デュカス氏は同イベントのアンバサダーも務める。会見では2人によるトークセッションが開催された。村田氏は「和食がフランス料理に追い付き追い越せで、世界の三大料理になっていけばいいと思う」と抱負を語った。一方のデュカス氏は「自分たちのアイデンティティーとして、(日本ならではの)珍しい食材を守っていくべき。京都に行かなければ食べられないという(他の地域との)違いを生かしていくことも大切。グローバルな視野を持ち、表現はローカルであるべき」という意見を表明。基調講演を前に、早くも和食の未来についての率直な意見交換が始まっていた。

また、「和食道」の開催に合わせ、2月1日~2月28日には、京都で活躍する料理店、レストラン約150店舗が参加する「京都レストランウインタースペシャル」を開催。2月限定の特別メニューを提供する。「和食道(WASHOKU-DŌ) The World Japanese Cuisine Show」のウェブサイトでは、こうした各種関連イベントの開催情報も紹介している。