「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

TOPICS

まず料理やドリンクの提供でお客をリピーターに

2014年11月号特集「お客と仲良くなる接客ワザ50」

2014年12月26日

新年会などのイベントが続く年末年始は飲食店の書き入れ時だ。

たくさんのお客を迎えるこの時期に、上手な接客で好印象を与えれば、より効果的にお客を獲得し、リピーターに育てることができる。

 

本誌編集部では、お客を楽しくさせる優れた接客を求めて、高級レストラン、チェーン店、居酒屋など幅広い業態を取材。お客と仲良くなる接客ワザを50集めた。

その中から、「料理やドリンクの提供時」にお客の心をつかむための珠玉のワザ6つをご紹介しよう。

料理の提供で心をつかむ

  • 10L入る巨大やかんが
    自然な会話のきっかけに

    鶏焼き酒場 かっぱの茶の間(居酒屋)

    鶏焼き酒場 かっぱの茶の間(居酒屋)

    焼酎のおかわりを提供するたびに、「でかい」「うわー」とお客から驚きの声が上がり、自然にスタッフとお客との会話が盛り上がるのが、「鶏焼き酒場 かっぱの茶の間」で使用している巨大なやかんだ。

    10Lも入るサイズで、なんとその直径は約25cmある。同店では、「『元祖』酎ハイ」という名称の酎ハイのおかわりを注文したときに、この巨大やかんから焼酎を注ぎ、お客に喜ばれている。

    名古屋市千種区今池1-6-13 今池スタービルB1F TEL:052-733-3293

  • 炉端焼きの野菜を
    お客に見せて話のタネに

    炉端焼き 一歩一歩(居酒屋)

    炉端焼き 一歩一歩(居酒屋)

    東京・北千住の居酒屋「炉端焼き一歩一歩」では、新鮮な野菜の炉端焼き(400円~)が人気だ。

    これを注文すると、アスパラ、シイタケなど炉端焼きにする野菜をカゴに山盛りに入れて、スタッフがお客のもとに届ける。今日の野菜の品ぞろえやおいしいものを見分けるコツなどをスタッフが説明し、お客は焼いてもらう野菜を自分で選び出すという仕組み。お客と会話をして距離を縮めるきっかけになっている。

    お客が野菜を自分で選ぶので安心でき、店の野菜へのこだわりもお客によく伝わる。一歩一歩の常連に人気の野菜はマコモダケ。柔らかいタケノコのようなシャキシャキした食感が楽しいイネ科の野菜だ。これを目当てに知人と連れ立って来店するお客も多いという。

    東京都足立区千住3-53 TEL:03-3870-9395

  • フライドポテトに
    当たりくじ

    馬酒場 ボブリー 新橋店(居酒屋)

    「フライドポテトに付加価値を与えたい」。こう発想したメニューが居酒屋「馬酒場 ボブリー 新橋店」の「ハッピーフライドポテト」(450円)。円すい状に丸めた紙をソフトクリーム用のスタンドに挿し、フライドポテトを盛って提供する。実はこの包装紙は2種類あり、模様の中に「あたり」「ハズレ」の印刷を忍ばせている。「あたり」ならちょっとした一品の特典がある。「あたり」の存在は特に告知せず、まさに「隠れキャラ」としてお客を楽しませている。

    東京都港区新橋3-2-4 TEL:03-3580-8348

次のページへ