「日経レストランONLINE」は、「日経レストラン」の休刊に伴い、3月末日をもって更新を休止することになりました。長らくご支援を賜りました皆様に厚く御礼を申し上げます。

TOPICS

(マンガも収録)お客から忘れられない店になる方法

書籍『25人に1人の店長しか気づいていないお客様の集め方・増やし方』

2014年12月26日
第3章「マンガで学ぶ店のブランド化とDM戦略」より(クリックで拡大)

第3章「マンガで学ぶ店のブランド化とDM戦略」より(クリックで拡大

25人に1人の店長だけしか気づいていないお客様の集め方・増やし方がある——。

それに私が気付いたのは今から12年前のことです。当時、マーケティング会社の仕事で、3カ月ほどの間に400店ほどの飲食店のオーナー店長たちにインタビューする機会を得た私は、そのうちの15~16の店だけが、景気の浮き沈みの影響をほとんど受けることなく、手堅く繁盛していることに気付きました。

およそ25店に1店ということになりますが、そうした店には細かい部分は当然、異なるものの、基本的に共通の考え方に基づいて、繁盛店になっていました。それは大手の外食企業や一部の老舗高級店、あるいは有名なシェフの店が行っている集客策とは全く異なるものでした。

そうした繁盛店は、安売りもしませんし、店が小さかったり、立地に恵まれていたりするわけでもないのに、なぜか繁盛していました。

では、そうした店がほかの店と何が違っていたのかといえば、「自店のブランド化」と「お客様との定期的な接触」を心掛けていたという2つの点です。

目次

  • はじめに …… 3

第1章

忘れられない店になろう …… 13

  • 「○○ならあの店」と言われよう …… 14
  • あなたの「考え方」や「姿勢」がブランドを作る …… 18
  • お客の利用動機の中から一番になれるものを探す …… 25
  • 顧客情報は席数の20倍集めよう …… 29
  • DMの目的は店を忘れさせないこと …… 33
  • ネット上での情報発信のコツ …… 37
  • 来店客にまた来てもらう3つのポイント …… 41
  • 販促の効果が出るまで、半年間は我慢を …… 45
  • 上客が喜ぶ商品を考えよう …… 49
  • コラム お客を減らさずに「値上げ」をするには …… 53

第2章

ケースで学ぶ商圏内で一番になる方法 …… 61

  • 顧客アンケートをヒントにブランド確立 …… 62
  • 競争相手が少ないテーマでブランドを作る …… 79
  • 口コミを生みやすい記念日に利用される店 …… 88
  • DMの目的は売ることではなく店を忘れさせないこと …… 95
  • イベント・フェアは主催者も一緒に楽しむ …… 113

第3章

マンガで学ぶ店のブランド化とDM戦略 …… 127

  • ①冬しか稼げない店を通年繁盛店に …… 128
  • ②離れた常連客を取り戻せ …… 136
  • ③良いDM、悪いDM …… 144
  • ④店頭は最大の営業マン …… 152
  • ⑤味には自信があるのに …… 162
  • 参考資料 アンケートのひな型 …… 171
  • 特別付録 経営者座談会
  • 自分らしい店で商売を楽しむために …… 173

書籍『25人に1人の店長しか気づいていないお客様の集め方・増やし方』

  • 土屋薫 著
  • 4-6
  • 192ページ
  • 価格 本体1,500円 + 税
  • ISBN 978-4-8222-7336-1
  • 日経BP社(2014年9月22日発行)

» 購入はこちらから